君と歩いた道

シングルマザーもものブログです。公立の中高一貫校に通う娘がいます。

勉強道具をカタトキも離さない

 娘が学校で受けた健診の二次検査で、学校帰りに指定された健診機関に同行してきました。二次検査の対象者に該当したのはびっくりでしたが、小さいときの既往歴から引っかかったようで、念のためと受け止めて受診。

 最後の医師の診察で、1点所見はあるものの日常生活には問題なし、経過観察も不要とのこと。一区切りと考えて良さそうです。

 今回は、その健診機関に行った際の体験の記録です。健診そのものとは特に関係ない内容です。

 

 指定された健診機関は、都会のビルの森の中にある大きなビルの中にありました。

 思えばその辺りは、私にとっては20数年ぶりくらいに訪れた街です。高1(今の娘と同じ歳)の夏休みに部活の遠足で初めて来て、大人になってからは仕事や勉強で通った時期もありました。当時からはきっと大きく様変わりしているのだろうけれど、もはやどこがどう変わったのかわからない。目の前に現れたのは、舗道や街路樹など整備されて、見たことがあるようなないような大きなビルが立ち並び、人工的に整った街並みです。

 週末だったせいか、街中は閑散としていて、歩くのに人にぶつかりそうになることもなく、たっぷりしたスペースの舗道をのびのび歩けました。

 健診施設の中もまた、とてもきれいで広くて、真新しく清潔感があり、眩しいくらいの洒落た内装。家賃は相当なものなんだろうなと思われました。

 近隣でのコロナ感染状況は、ビル内の別フロアで複数出ており、それを知ったときはぎょっとしましたが、最後に確認されてから1週間以上経過しており、ビル入口やフロアで道案内をしてくださる方々の配置はきめ細やかで、検温や消毒に配慮されていました。

 今や、人も歩けばコロナに当たる。そんな状況ですね。公共交通機関で行ったので、経路には気を遣いました。

 

 その日の受診者は二次検査の生徒ばかりだったようで、予約は時差で入れられており、混んでいないので待ち時間は快適でした。

 待合場所では、検査着に着替えた中高生が、ソファを机代わりにして教材を広げて勉強していたり、通学用と思われる大きな重そうなリュックを持ち運びながら検査室へ移動していたりしていました。

 そう、定期考査が近いのです。娘も言っていました。何も考査直前に二次検査の予約を入れなくても、終わってからじゃダメだったのかな?なんて。でもね、万が一治療が必要な所見があるとしたら、それが先延ばしにできることとは限らない。二次検査はそういう性質のものだよね・・と話したりしていました。

 そうしていざ来てみたら、検査を待つ間に、思い思いに勉強している子たちの姿が目に飛び込んでくるわけです。意表を突かれて、おおお、と声が出そうになりました。その光景を目にして、思わず感動してしまいました。

 娘もそそくさと、更衣室のロッカーに置いてきた教材を取りに行って、勉強しながら待つことに。

 

 そこで胸に落ちたこと。勉強は場所ではないのだと。勉強する子は、どこででも勉強するのですね。どこにいても、そこを自分の勉強場所にしてしまうのです。言葉で説明してもうまく伝え切れないことが、目にしてこれだ!と思った瞬間でした。言うより見せるが易し。

 娘にとっては、良い刺激になったのではないでしょうか。なってほしいのですが。

Go to or Not go to(もも家の場合)

 娘の学校の期間休業日に、近場でサクッと温泉とか・・行きたいな、行ってもいいかな、などと揺れながら、温泉宿や観光施設の物色を断続的に繰り返すコロナ禍。感染縮小の気配を感じると、気をつければ大丈夫かな、Go To でお得に行けるし、なんて欲望がむくむくと湧いてきます。消費者感情としては、キャンペーン効果に乗せられて貢献しているようです。

 しかし感染縮小が見られたと思ったときには、すでに拡大に転じているというのがウィルスなのか。人間の感情の動きを突いてくるような兆候を見せています。

 

 全国の日別感染者数は減っているのに、地元のそれはなぜか増えています。事業者が公表する感染確認だけでもすぐそこまで、日頃自分が利用する徒歩圏内のスーパーまで迫ってきて、公表されない感染がじわじわ近づいてきている感が否めません。

 また、私の居住区では、公立学校の感染状況などは数しか公表されません。どこで感染したのか、どこで増えているのかがわかりません。だから知り得る情報をもとに、それこそ空気を読むしかないのです。

 学校で陽性が確認された子どもが、同居親族の濃厚接触者で検査に至ったということは、少なく見積もっても発表される子どもの数の2倍以上の感染が、学区内の住民の間で確認されているということです。そういう学校が複数あるということは、塾や習い事で拡がった可能性も考えなければなりません。つまり、どこで感染したのか、どちらが先か後かなんて、わかりようがないということです。

 

 娘が通った小学校の通学経路は、私の通勤経路でもあり毎日歩いているのですが、子どもの見守りをしてくださる方がいる朝は学校がやっていると思われ、少し安心できます。しかし、濃厚接触者の定義が変わってきてその範囲が狭くなり、臨時休校も1日未満に抑えられている状況では、学校がやっていても感染が出ていないとは限らないのですよね。

 クラスターになれば数日臨時休校になるのでしょうけれど、そこまでにならないと把握できないとなると、ウィルスがいなくならない限りポツポツと感染する人が出てきてしまう。この状況に、自分や家族が身を置かなければならないことに苛立ちさえ感じます。

 娘の現在の通学経路の沿線でも、ここに来て初めて感染が確認されたという事業者の公表が増えています。逆に、学校付近の感染状況は、やや落ち着いてきたようにも見えます。ウィルスは移動しているのですよね。

 

 というわけで、Go To は、感染ゼロになった地域同士で活用されるのが良いのだろうと思われますね。また沖縄のような感染拡大が他の地方都市で起きてしまうのは極力避けたいです。コロナで亡くなる方や後遺症のために苦しむ方を、1人でも減らしたいです。

 もちろん自分や親族もその1人なのですが、娘は毎日登校し、私は通勤しています。自衛で感染を防ぐことに対して、諦めモードに足をすくわれそうになっています。

 それでも我が家は、もう少し辛抱するしかないかな。総合的に考えて、そんな気がします。ああ温泉に行きたい。

英検2級の結果を受けて

 学校で英検公式の合否結果を見た娘から、LINEが届きました。合格のスクショです。やったね。おめでとう。よく頑張った。

 ところがその日、学校から帰ってきた娘は無言で冴えない様子です。二次を受けてから結果を首を長くして待っていたのに、いざ合格を確認したらテンション低め。「学校で何かあった?」と聞くと「別に」という反応です。照れているのか?

 

 数日前に娘との会話で聞いたこと。

 ある親しい女子友が、今回の英検で準1級に合格したそうです。娘がその友達に「すごいね」と言ったら、友達が「◯◯(同級生男子)も合格したから、自分だけじゃないからすごくないよ」と返ってきたとか。

 それを聞いたとき、私は単純に「謙遜でしょ」と言って笑ったのですが、娘は別の意味で単純というか、友達の結果に圧倒されて固まってしまったようです。

 その友達は、行動すべてが人より先へ先へ行きたいように見える子で、それがモチベーションになっているのだろうなと私目線では受け止めています。だから、娘がその友達と足並みをそろえなくても、まったく問題ない。むしろ、娘には必要以上に急がなくていい、急ぎすぎない方がいいとさえ思っています。

 友達が頑張っているから自分も頑張ろうと前向きになるなら、それは良い刺激ですが、自分を卑下したり無理に急ぐ必要はない。自分は自分なのです。

 

 また、別の機会に娘から聞いたこと。

 この学校に入って、レベルが高い勉強や速い進度についていく同級生たちに囲まれている環境下で、自分より成績が良い人ばかりに囲まれるよりも、その逆の方が自分には合っているのかもしれないとか。

 勉強しても思うように捗らず、やっとここまで来たと思ったら、みんな(とは限らない)はもっと先に行っている。比較する必要はないのに比較してしまう。まあ、比較してしまうのは人情かなとも思いますね。

 

 公立中高一貫校は、大学合格実績で公立トップ高と肩を並べるべく、東京一工や旧帝大への進学率を伸ばそうとしているのは確か。とはいえ、公立トップ高にはまだ及ばない立ち位置です。同期の優秀な生徒数人は上を目指し、高校受験して見事トップ高に合格、進学していきました。

 一方で、残った生徒は今まで以上に厳しい指導に食いついていっています。

 娘を見る限り、学校は楽しそうで、同期や先輩後輩との関係も良好です。朝が来れば学校に行き、部活や委員会、行事にも参加し、役割を全うするべく積極的に動いている毎日なのですが、勉強面では自己肯定感が得られにくい状況との対峙で踏ん張っているというところでしょうか。

 

 もしかしたら地元中から高校受験して進学した方が、娘は身の丈に合ったプレッシャーの中で学力を伸ばせたのではないかという見方もあります。小学生が「公立中高一貫校は入ってからが大変だよ」と言われて、それでも頑張ると覚悟を決めたつもりでも、入ってみないとわからないのは自分のポテンシャルと担任団です。

 人生は後悔よりも、今いる場所で、そのときそのとき自分が置かれた場所で、何と出会い、どう成長していくかが鍵です。神様は乗り越えられる試練しか与えないと言います。

 娘が頑張ろうとしている以上、娘の底抜けの笑顔が見られる日を気長に待ちたいです。

 

 こもも(娘)へ

 それにしても、高1で英検2級に合格したのは立派だとママは思うよ。2年間抱え続けて、その間に何人かの友達が追い抜いていって、4度目の正直でつかんだ合格は、ただ合格するよりもこももにとって力になる。諦めずに最後までやり遂げたということだからね。経験値を上げたと思うよ。

 勉強が遅々として進まないとか、難しくて集中力が続かないとか、そういうジレンマとの闘いは、抜け出したときが強いのだ。

英検二次と鶏尽くしと今日俺

 今年の冬、娘は英検2級の一次試験を受けました。中2の秋に初めて2級を受けてから、4度目の受験でした。晴れて合格をもらったのですが、二次の試験日に都合がつかず受験を先延ばしにしていました。

 年度が変わり、新学期は休校から始まりました。学校では英検の団体申込の見通しが立たなかったので、個人で一次免除の申込をしました。その後、学校は団体申込を中止にしました。個人で申し込んでおいて良かったです。それでもコロナ禍では延期に次ぐ延期になりましたが、先日やっと受けてきました。

 

 会場は、今までもっぱら私学の校舎でしたが、今回は感染防止で分散するため貸し会議室でした。小6の適性ゼミでも何度か来たことがあり、自宅からの経路がシンプルで行きやすい場所ですが、人の出入りが多い地域ですから緊張感は必要です。

 受付に並び建物の外まで続く受験生の列は、前後1mも離れていなかったです。また、試験までの順番待ちの椅子は、アクリル板で仕切られていたそうです。本番では試験官との間をアクリル板で仕切ることはなかったものの、対面で距離はたっぷり取っていたそうです。

 娘は、受付の列に並んでから1時間ほどで出てきました。私は娘を待つ間、近くの喫茶室でアイスコーヒーを頼んでじっとしていました。

 この喫茶室は、もともとスペースが贅沢に取られており比較的密ではないのですが、空席を見つけるのが難しいほどにはお客さんが入っていて、中には賑やかに喋っている人たちもいました。私はアイスコーヒーを飲むとき以外マスクをはずしませんでしたが、周りを見回すとマスクをはずさない人、少なくなかったです。ウェイターさんが手を消毒する音が頻繁に聞こえてきて、頭が下がりました。

 

 試験が終わり、建物から出てきた娘に「おなか空いたね!」と言うと、娘「空いた!」と威勢よい返答。そこで、近くの焼き鳥のお店に行きました。何年ぶりかな。お店が開いていてうれしかったです。店内はガラガラでした。ランチの時間帯は過ぎていましたから、単に空いている時間帯で穴場だったのかもしれません。

 そこで鶏尽くしの遅いランチに舌鼓を打ちながら、急に思い立って「映画観に行く?」というと娘「いいよ」と。すぐさま近くの映画館の上映スケジュールを調べ、『今日から俺は‼︎劇場版』を観ることに。7月公開の作品ですが、好評でロングランになっていました。観たかったのですよね、今日俺‼︎

 映画館は、結構混んでいました。上映中は、1席ずつ空けて座りました。映画館では最新の換気システムの導入をアナウンスしていましたが、実際に空気が動いているかを皮膚で感じることはできずわかりません。

 予約なしで飛び込んだので前の方の席でしたが、この映画館は前方の席でもスクリーンを正面から観られて、首が痛くなることもなく快適でした。それを知ったのは幸運でした。

 

 夏休みはどこにも出かけず娘と巣篭もりしていて、英検が終わった解放感も手伝ってか、ちょっと弾けた感じです。その後、親子ともども症状が出てくることはなく、いつもどおりの通学と通勤を続けています。無症状の可能性も否定できませんが、自費で検査を受ける考えは今のところありません。

 日別の感染者数は減少傾向ですが、ゼロではない以上、感染防止の意識は維持しなければですね。

 肝心の英検二次の手応えは、期待できるほどに五分五分ということです。結果がわかるまで、娘は「受かるかな?それとも落ちると思っていた方がいいかな?でも・・受かるかな?ねーどう思う?」とテンション上げ上げ。本当にこの子ってば、相変わらずなのです。

詐欺メールっぽいメールは詐欺

 「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。ご連絡ください。http://・・・」というショートメッセージが届きました。

 ちょうど待っている荷物があったのですが、時間指定していたのになんで持ち帰ったのかなと不思議に思い、それからほどなく、これってひょっとして?と思ったのです。

 

 どこの宅配業者からの荷物を待っているのかは自分でわかっていますし、宅配業者からのお知らせのスタイルはいつも定番ですから、いつもと違えばあれ?と思います。馬のどこの骨かもわからないメッセージなんて、どうぞ怪しんでくださいと言わんばかりのオーラが出ています。

 それで、上の「http://・・・」について調べてみました。すると、やっぱりかーという記事の数々。

 怖いもの見たさで、もしリンクにアクセスしたらどうなるのか、試してみたい気もしないではありませんが、そんなこと言ったそばから絶対にするわけないです。そこまでチャレンジャーではありません。

 それでも一応自宅の郵便受けを確認しましたが、案の定というか、不在票は入っていませんでした。

 

 詐欺なんて、何が楽しくてやるのでしょう。サービス業的な詐欺師ならまだ需要があるのかもしれませんが、ルパンとかダー子みたいに、どうせなら華麗に他者を楽しませるだけの痛快な詐欺にしてもらいたいです。

 傷つけたり悲しませたりする嘘は、騙す方が悪いに決まっています。騙す輩には、反対に騙して差し上げるくらいの余裕で放置しましょうね。