君と歩いた道

シングルマザーもものブログです。公立の中高一貫校に通う娘がいます。

学年末考査を目前に控えて高1を振り返る

 高1の学年末考査が近づいてきました。果たして、娘はどういう結果を出してくるのでしょうか。様子を見る限り、テスト前の緊張感はさほどなく、相変わらずマイペースで休憩時間の方が長いです。

 私は思わず「勉強しないの?」と言いたくなるので、ここはぐっと呑み込んで高1の1年間を振り返りたいと思います。

 

 昨年3月から5月にかけての休校中に、娘は高校生になりました。

 休校期間中は、家族が多い私の実家で過ごしておりましたので、生活は安定していました。しかし勉強は・・おそらくやっていたのは学校の課題のみです。

 中学の復習を徹底的にやるにはチャンスの休校期間でしたが、時間があるからこそどんどん自分で進めていくという、良い意味でのオタクの要素が娘にはなく、チャンスは溝に捨ててきたと思われます。

 

 学校が再開し、高校生活がスタートします。休校で遅れたカリキュラムを取り戻すべく、夏休みは短縮され、ぎゅうぎゅう詰めの学校生活でしたが、それも時間とともに慣れていきます。

 高校生になった実感は、校則が緩くなることで徐々に味わってきたのかな。ネクタイの色が変わったり、スカートを短くしたりして。

 高校課程は中学と違って単位を落とすと留年することを、学校から再三注意喚起されてきました。娘はそれを酷く畏れていましたが、定期考査の成績が出てくる過程を何度か経験し、だんだん油断してきているようです。留年は大丈夫そう!みたいな。

 いやいや、目標はそこですか?(無言のダメ出し)

 

 夏休みに志望大学を吟味し、休み明けに高2の文理選択の希望など進路調査が始まります。娘は、迷わず文系を選択。そんなに迷わなくて本当に後悔しないのかと、こちらが狼狽えるほど即決でした。

 娘の場合、将来の職業に対するイメージがまだ漠然としており、職業選択のための文理選択や学部選択ではなく、娘にとって身近な分野であったり、教科の得手不得手で決めた結果です。

 

 秋、塾に通い始めました。英語だけですが、見る限り困っている様子はなく、余裕がありそうです。習い事感覚で通っているようにも見えます。せっかく塾に行っているのだから、英語は満点目指してね。

 

 先月の共通テスト同日模試のあと、高2に向けてのこの3か月の取り組みが、1年後の志望校への立ち位置を決める、そこを意識した学習が重要であることを、娘と話しています。

 模試の結果では、高1の1月時点で、志望校を同時期に第1志望としていた合格者の平均点を下回っています。この各時点での平均点を1年かけて超えていくために、高2に向けた3か月をどう過ごすかが鍵になるという意味で、とても大事なスタートダッシュなのです。

 ところが、その戦略を娘がどこまで実感として腹に落とし込んでいるのか、娘の日頃の様子から感じ取ることはできません。

 

 娘の成績は現在、学年で真ん中の大きな団子に紛れています。一方で娘の志望校は、学年上位◯割くらいに入っていないと、目指すことすら無謀。

 そして娘は、この◯割に入るということがどこか他人事で、優秀な◯◯さん◯◯くんの話題のように話します。あなたが目指している志望校は、その優秀な誰かさんが目指す学校なんですよ? そろそろあなた自身の受験としっかり向き合って。

 というわけで、学年末です。高1の集大成を見せてください。

ペンチの働き

 先月半ばの話です。100円ショップでペンチを買いました。何を隠そう、ペンチを買うのはこれが初めてです。それまでペンチがどういう働きをするものなのか、恥ずかしながら知りませんでした。

 今回なぜペンチに行き着いたのかというと・・

 

 この冬ヒーターを使おうとしたら、コンセントの先が曲がっており差し込み口に差し込むことができません。

 実は、このヒーター購入してまだ3年ですが、コンセントのトラブルは2度目です。「えー、またー?」とげんなりしてしまい、日ごと募る寒さにしばらく堪えておりましたが、これ以上ヒーターなしは無理となったとき、2年前に修理交換に来てもらったメーカーの作業員さんとのやりとりを思い出したのです。

 交換が終わって作業員さんが帰るときに、「コンセントの先が曲がったときに修理を頼む前にできることってありますか?」と私は尋ねました。すると「まずペンチでちょちょっとやってみて・・」と言われ、「ペンチですね」と私は復唱したのです。

 

 ペンチについて調べてみると、種類があることがわかりました。その違いをざっくりと押さえ、最寄りの100円ショップに行ったところ、そのお店には3種類のペンチが置いてありました。

 複雑な機能で使いこなせないともったいないので、買うのはただの「ペンチ」にしました。

 

 いざ使ってみると、驚きました。私はペンチという道具の存在こそ知っていましたが、ただ挟むものだと思っていたのです。

 硬い金属をぐにゃぐにゃと自由自在に曲げたり伸ばしたりできることを、今回自分でやってみて初めて感触として知りました。大して力を入れなくても、そんなことができることに衝撃を受けました。これが、てこの原理なのかと。ペンチかっけー。

 また、自分の無知さ加減にも、痛く感動してしまいました。知らないことは、まだまだいっぱいあるのです。

iDeCoの年金加入確認通知書が届きました

 iDeCoとは個人型確定拠出年金(英語表記:individual-type Defined Contribution pension plan)の愛称で、毎月決まった金額を積み立てて運用することで老後に備える公的制度です。

 その申込書類を年の初めに発送していたのですが、先日やっと国民年金基金連合会から加入確認通知書が届きました。今月からいよいよ納付が始まります。

 

 すでに加入されている方も多くいらっしゃると思いますが、私は数年にわたって、情報収集とともに始めるべきか否か迷いました。

 運用の側面から考えると、若い方が加入するほどのメリットは得られないけれど、節税の側面から考え、たった10年の加入期間だとしても、少なくとも娘の大学卒業と就職までの間の家計費の負担軽減にはなるのではないか。

 また、私は厚生年金の被保険者で、掛金の上限が23,000円のケースです。途中で引き出せないので、10年以上払い続けられるのかということと、掛金の金額が迷うポイントでした。

 そのへんをうんと考え、やってやろうと決断しました。とりあえず今年の年末調整が待ち遠しいです。

 

 10年後には、娘は26歳になっています。順調に行けば、就職したり結婚したりしているでしょう。私は年金受給まで数年。その年金も、それだけで生活していくには足りない金額なので、受給開始後も時間給で働くとかして補うのかもしれません。

 年金や税金をたくさん納付してきて、迎える老後。納付期間も受給期間も、生きていくだけで大変な時勢ですが、健康で生きていられたら、きっといいことがあるのでしょう。

 ささやかな楽しみを見つけたいと思いつつ、まだまだ正念場は続きます。

災害から逃げる

 2021年2月13日(土)23時08分

 我が家では、緊急地震速報が鳴ってから、まもなく揺れが来ました。徐々に揺れが大きくなり、揺れが止まらないので、寝室にいる娘の名前を呼び、娘の返事を確認しました。

 揺れが止まってから、落ちたもの、落ちそうになっているものを確認し、元に戻しました。

 落ちたものは、積んである娘の教材、プリント類など。落ちそうになっていたものは、冷蔵庫の上の電子レンジ、食器棚のガラス戸の中の食器、クローゼットの上の衣装ケースです。結構ずれていました。

 

 2011年3月11日(金)14時46分

 東日本大震災が来たときは、金曜日で有休を取って、保育園卒園の謝恩会に娘と一緒に出ていました。謝恩会の会場は広い畳のお部屋で、子どもたちと保護者、先生方で、壁にへばりつくようにして揺れが収まるのを待ちました。

 会が終わり会場の建物を出るとき、1階フロアにあるテレビモニタに人だかりができていました。見ると、津波の映像が流れていました。それをみんな無言で見つめていました。言葉がなかった。

 外に出ると、視界が埃っぽくベージュ色に染まっているように見えました。道路は車がほとんど走っていなかった。自宅に帰ると、冷蔵庫の上の電子レンジが半分落ちかかっていました。

 深夜、原発事故の影響で、窓を閉め、エアコンや換気扇を止め、自宅にこもるようテレビでニュースが流れました。とりあえず、翌日図書館に借りた本を返しに行くのは中止に。

 中には、原発からできるだけ遠くに離れようと避難する人もいました。保育園でも、移住したご家族もいました。子どもだけ西の実家へ避難させた人も。小学校の対応は、自治体や学校によってまちまちでした。

 我が家は、避難も移住もできなかった。ようやくつかんだ仕事を放り出せなかった。

 6歳の娘にマスクをさせ、水筒を持たせて、年度末まで保育園に通わせ、私もマスク着用で通勤しました。新年度は、春休みから学童保育に通い始め、小学校の入学式ができるのか不安な中、入学式は予定どおり執り行われました。

 あれから10年。少なからず被曝しているだろうことを覚悟して、食べ物や水で少しでも免疫を上げるようにと過ごしてきました。

 

 大きな地震がいつ来てもおかしくない。その意識は常にあるものの、怖いのは自分自身の正常性バイアス。願望が現実であってほしいと思うことで、判断が鈍り、行動が遅れるのです。

 迷ったときは、命を優先すること。生きてさえいれば、いくらでもやり直せるのだから。それを何度でも自分自身に、そして娘に言い聞かせていきます。

大学受験から大学卒業までに出ていく大きなお金を見積もる

 娘が小さいときに始めた学資保険。18歳で200万円、20歳で200万円を受け取るプランで、合計400万円を貯める目的の保険商品です。被保険者(私)が死亡したら400万円の死亡補償が付いていますが、医療補償などの特約付帯はなく、満期に8%プラスになるということで契約しました。入学祝い金などもないシンプルなものです。

 それを、230万円ほど貯めた時点で解約しました。解約返戻金は2万円弱のプラス。その資金を今度は自力で運用しながら、積立自体は額を増やし、高3の秋までに満額400万円まで積み切るスケジュールでプランを立て直しました。

 そして大学受験が目前に迫り、改めて資金繰りの見直しです。私立大学の学費は年々上がっており、仮に私立大学進学となると、学費だけでも400万円では足りません。塾や予備校を利用すると、それだけでまとまった資金が必要になります。

 そこで、見積を書き出してみます。

 ちなみに、大学には現役で合格し、自宅から通学することを想定しています。学費が無料の海外の大学へ進学する道もあるよと娘に話したことがありますが、娘の資質から、高校卒業後にいきなりは難しいかなと見ています。

 

1. 受験前 約100万円

  • 高2塾(季節講習を除く)2コマ約30万円
  • 高3塾(季節講習を除く)7コマ約60万円
  • 外部検定試験の受験料(1回あたり)英検準1級:10,700円、S-CBT / S-Interview:10,200円、TEAP / TEAP CBT 4技能:15,000円、IELTS:25,380円、パスポート(5年間有効12歳以上)申請:11,000円

 

2. 受験、学費 約400〜670万円

  • 受験料、受験の交通費など 約40万円
  • 保険の入学金 約30万円
  • 大学4年間の学費(入学金を含む) 国公立大学 約260万円、私立大学文系 約500万円(但し、給付型奨学金を目指してもらう)
  • 留学費用 約100万円(但し、給付型奨学金を目指してもらう)

 

3. 在学中に月々の資金繰りから補填するもの

  • 大学4年間の通学交通費、おこづかい 約160万円

 

4. 在学中のイベント費用など 約100万円

  • 入学式(スーツ、靴、バッグ、化粧品、撮影)
  • 普通自動車運転免許取得
  • 成人式(晴れ着レンタル、着付け、ヘアメイク、撮影)約30万円
  • 卒業式(袴レンタル、着付け、ヘアメイク、撮影)
  • 卒業旅行(但し、本人のバイト代で貯めてもらう)

 

 というわけで、今年は学資積立のほか、高3塾の費用60万円を捻出したいです。いずれにしても私が失業しなければの話ですが、コロナ禍でもあり収入は減る前提で、支出を切り詰めていかねばです。