君と歩いた道

シングルマザーもものブログです。公立の中高一貫校に通う娘がいます。

河合塾の全統高2模試を自宅で受けてみた結果

 河合塾全統模試。娘はまだ会場受験で受けたことがありませんが、このたび第1回高2模試を自宅受験(特別受験)で受けました。

 自宅受験とかオンライン受験とか、果たして我が家でできるのか?と半信半疑でした。

 PCで問題を読んでキーボードを叩いて解答を入力するのは、自宅に使えるPCがないので無理だなと思っていましたが、全統模試の特別受験では問題用紙と答案用紙が送られてきて、受験したあと答案用紙を返送すればよいということなので、それならできるかも、ということでお試し感覚で申し込みました。

 結論から言いますと、紙ベースの自宅受験は娘にとって予想以上に良かったです。試験当日のスケジュールに沿って、しっかり受けられました。私はなんちゃって試験監督になり、「試験開始50分経過」とか「試験終了10分前です」とか言っていました。娘には「要らない」と言われていましたが、試験監督に「要らない」とは言わないでしょう。

 学力テストとして受けるなら、自宅で受けるのはいいですね。

 ところで、今回初めて河合塾の模試を受けた娘に、今まで受けたことがある東進の模試と比べて何を感じたか尋ねてみました。すると、河合の問題は進研模試に近いと。どう近いのか尋ねると、問題が素直だと。東進の問題は意地悪、という娘の表現がいまいちわかりにくいのですが、ひっかけが多いということでしょうか。

 

 といっても、中学入学後は部活とかぶって模試をほとんど受けられず、今まで受けたのは次のとおり僅かです。

  • 中3秋 東進 全国統一中学生テスト
  • 中3秋 東進 全国統一高校生テスト
  • 高1冬 東進 共通テスト同日体験模試

 余談ですが、中学入学後に申し込みながら都合がつかず受けられなかった数学検定が2回ほど・・

 

 振り返ると、高1の共通テスト同日模試はともかく、それ以外は受けても受けなくてもあまり影響がなかったかもしれません。かといって学校の中だけの勉強で、勉強しないことに慣れていく子どもの姿が否応なく視界に入ってくると、親にとっては気が気じゃない。何かさせなきゃ、目覚めさせなきゃ、とヤキモキしていましたね。

 娘の中学時代の過ごし方が、今後にどう結びつくのか、大変心配ではありますが、本人が自分で何とかするしかありません。

 

 幸い高校生になってから、娘だけではなく同期全体のムードや意識が変わってきたように思われます。大学受験だけではなく、自分の行動が進路に結びつくということを、娘の周りで実感することが増えてきました。

 高校生は、飛躍のときなんですね。それは、自分の頑張り次第で、それを見ていてくれる誰か(先生とか)が声をかけてくれたり、こんな選択肢もあるよ、あんな選択肢もあるよ、と情報を探して教えてくれる環境に起因する。娘が通う公立中高一貫校は、そんな学校なのだと思いました。

 少なくともこれからは、娘が進路に向き合う方法として、模試や塾、外部検定の受験に真剣に取り組んでいけそうな気がします。成長しているということでしょうか。

高2娘が初めてオーキャンへ行った日のこと

 娘が某大学のオーキャンに行ってきました。コロナ禍で中止を余儀なくされるのではと気を揉んでいましたが、某大学では高校生・受験生に入構制限して実施されました。保護者は入れませんが止むを得ません。実施されただけありがたいです。

 娘は最初、一人で行くのは気が進まない様子でした。友達を誘うことも考えてみたものの、行きにくい状況でわざわざ参加する貴重な機会なのだから、一人で行って自分本位で体験する試みにしてみてはと提案。私が門前までついていくから思い切って行ってこいと背中を押しました。

 実際行ってみると、娘は「楽しかった!行って良かった!」と生き生きした顔で、興奮して言いました。おひとりさまオーキャン成功です。学長先生の講演はあまり印象に残っていないようですが、受講した体験授業が相当に面白かったようです。空き時間には図書館など施設も見学できたそうです。

 実は、詳細を調べ体験授業を選び申込完了まで、お膳立てはすべて私がやりました。昨年はまったく行けなかったので、今年こそはと早くから情報収集。初めて行く場所で感染防止にも配慮しながらしかも一人で動くということで、大学のホームページから関連の案内や構内マップ、周辺マップまで印刷し、独自のプログラムまで作ってやりました。

 甘いなぁ・・兎にも角にも参加することに意義があるという観点から、過保護のカホコ上等ということにしておきます。

 

 さて、娘を迎えに行くまでの私の待ち時間の過ごし方について。自宅に戻ってまた出てくることも大いに考えたのですが、電車移動で行って帰って行って帰ってするには遠距離で、考えただけでくたびれますから実際にやればくたくたになること必至。

 悩み抜いた末、名画座で映画二本立てを観てきました。

 劇場では、席の間引きやアルコール消毒、マスク装着必須の周知など感染防止対策がされていましたが、閑散とは言えないほどの人は入っていました。駅周辺も結構な人出でした。グループや二人連れで話しながら歩く人混みを間近に目にし、ここで自分も感染する(させる)のではないかと緊張しつつ、息を止めて人を避けて歩きました。

 上映していたのは、近年のヨーロッパ映画。見応えがありました。置かれた環境に翻弄される人物の描写が自分ごとのように痛く刺さりました。シネコンではない映画館で、全国一斉ロードショーではない作品を観るのも久しぶりで、忘れていたものを取り戻した気分です。若い監督や俳優の活躍に、何だかありがたい気持ちになりました。

 

 そして締めは、娘と合流して某蕎麦屋の茶蕎麦を食べてきました。お店がやっていてうれしかった。

 娘は蕎麦があまり好きではないのですが、こちらの蕎麦は、中でも茶蕎麦は好きなのです。といっても、前に来てから5年以上経っているでしょうか。娘はすぐ思い出せなかったですが、蕎麦の味とお店の雰囲気で記憶を取り戻しました。

 こちらでも、アルコール消毒液やアクリル板の設置は当然のように目に入りました。このときは、来店客数組ほどでした。酒類の代わりにアルコールフリーのビールの銘柄が複数あり、サッポロをいただきました。ちなみにサッポロプレミアムアルコールフリーの添加物は、原材料から私には許容範囲であることを発見。

 茶蕎麦に舌鼓を打ちつつ、静かな店内でずっと流れていた音楽が、『時かけ』で娘の耳に残っていたバッハのゴルトベルク変奏曲でした。それに気づいた娘の歓喜っぷりに胸が熱くなりました。

 というわけで、この日はまた思い出深い一日になりました。

高2夏期講習の計画で思案中ですよ

 5月の終わり頃から学校と塾で夏期講習の案内が出始め、計画を立てるべく背中を押されていました。

 まず学校。学校の夏期講習は、メインは6年生向けなのですが、一部5年生向けもあります。娘が申し込んできた講座を聴き出してカレンダーに書き込むと、終日ではないものの、意外と夏休みが潰れます。ありがたいことです。お盆休みは講習がないことに後から気づきホッとしました。

 

 次に塾。学校の講習が毎日入るので、空いたところに塾を入れる感じです。

 塾のガイダンスで聴いてきたことを早く教えてと娘を急かして急かして、週末にやっと聴けました。塾ではどんな勧誘がされるのだろうと警戒していましたが、それほど強引ではなさそうです。しかし娘は、勧められるとやりたくなる人なので注意が必要です。

 最初にガイダンスで娘がチェックしてきた講座を私もチェック。日時を確認していくとほぼ学校の講習と重なってしまい、何とか数学の1講座(全3回)のみ捻じ込みました。

 その代わり、今個別でやっている数ⅠAを進められるだけ進めて早く終わらせ、次のステップに行きたくない?と提案したところ、娘も同意。そこで個別2つ取ることに。

 ところが、控えめに取って個別2つのつもりが、スケジュールすると週4〜5ペースになります。週2ペースで個別1つ(8回)にするか、そのうち2週間限定で週5入れるべく個別2つにするか、申込期間が始まるまで親子で検討しようと思います。

 

 夏期講習のほかに、学校で宿題もたっぷり出るでしょう。オーキャンもあります。小学生の頃から振り返ると、今や読書量が激減して貧しい語彙力が炸裂している娘には読書の夏にもしてほしいし、自分で自由に取り組む勉強もしてほしい。けっして余裕があるとは言えないですが、忙しくても自分で時間を作るコツを今さらですが習得してほしい。

 いずれにしろお盆休みは1週間予定を入れていないので、何とかなるかな。高2の夏休み、有意義に過ごしてもらいたいものです。

初TEAP、申し込んでみた

 今年度第1回TEAPの申込が始まりました。

 娘の現在の英語力と、4技能15,000円の受験料と、果たして見合った受験となるでしょうか(汗 私は二の足を踏みつつ、改めて娘に問いました。

 私「どうする?全力で勉強するなら、受けてもいいよ・・」

 娘「受ける・・つもり・・・」

 相変わらず逃げ腰といいますか、なんとも頼りない回答です。無理に受ける必要はなく、むしろ何が何でも受けたいから受けさせてほしいという強い意思を見せてほしいわけですが、娘の意思表示はこれが精一杯。

 困った私は、もはや清水の舞台から飛び降りるつもりで「ええいっ!」と申し込みました。

 

 ところで、TEAP受験の申込を今回初めてやってみて、次の2点が特徴的だと思いました。

  • 申込時に受験会場を選べること。
  • 申込時に受験票をプリントアウトできること。

 申込時点で会場がわかっていることで、試験日に向けて、当日の時間配分や受験する自分をより具体的にイメージでき、モチベーションアップへの効果が上がりそうです。

 また、申込の手続きそのものが実に簡単で便利です。受験票が届かないとかの心配も無用。簡単すぎて味気ない気がしないでもありませんが。

 

 というわけで、娘よ。準備は整いましたから、あとはやるだけです。

ただそれだけの花束とエビスビール

 週末の母の日を前にしたその日、玄関を開けたら娘がドアの後ろから顔だけ覗かせて、笑顔と一緒に花束を差し出しました。カーネーションと霞草の、華やかなアレンジメントがされた花束です。

 こんなふうな、花屋さんに頼んで作ってもらったようなオリジナルの花束を、娘からもらうのは初めてでした。私を喜ばせようと、はにかむように笑う娘の顔を見ながら、私は目頭がじわっと熱く濡れるのを感じました。

 うれしくて泣きそうになりますが、泣きません。その代わりに、私に花束を手渡してくれるまでの小さなエピソードの軌跡を、根掘り葉掘り聴き出しました。娘の話は止まらず、楽しい偶然が詰まったストーリーに私は笑いました。

 

 花束の赤い和紙や濃いピンクのリボンを解くのが、名残惜しくためらわれましたが、ともあれ写真に収め、花を水に刺しました。花瓶は、私がうっかり落として持ち手が欠けてしまったガラスのビアジョッキです。このジョッキは、かつて小学生の娘が、「ビールが好きなママへ」と私の誕生日にくれたものでした。

 まだまだ子どもですが、少しずつ大人になっていく娘。この子の幸せを、いつも祈っています。

 私をママにしてくれてありがとう。ちっともいいママじゃなくて、落ち込むこともあるけれど、ママも頑張るよ。

 

 ちなみに、私は会えない母に、エビスビールを贈りました。いつまでもビールがおいしいと思えるくらい健康で、元気でいてほしいです。